0

マイルカードはとりあえず無料で3社分作っておく

マイルカードはクレジットカード付きの方がお得なのはわかる。

しかし、正直情報がいっぱいありすぎてどのクレジットカードを選べばいいかわからないのが本音だ。

そもそも本当にクレジットカード付きじゃなければいけないのか?

無料カードとどのくらい違うのか?

今回はそんなマイル初心者がもつ疑問を紐解いていこうと思う。

各航空会社には、チャットやメールで質問できる便利なカスタマーサービスがあって、マイルについて疑問がある人は直接問い合わせた方が素早く回答を得られることがある。

というわけで、ぼくも様々な航空会社に直接問い合わせてみた←
それではいってみよう。

こんにちは。〇〇のマイレージカードを初めて作ろうと思っています。

クレジット機能なしのカードは、本当に無料でマイルを貯められるのでしょうか?

はい、無料でご利用いただけます。

ちなみに後でクレジット付きにしたくなった場合、無料カードに貯まったマイルを移行できますか?

はい、同じ会員番号でクレジットカードを申し込んでいただければ、そのままご利用いただけます。

そもそもクレジットカードと、無料のマイレージカードの違いはなんですか?

カードの種類にもよりますが、普通カードですと10%のボーナスマイルが積算となります(JAL系)
その他にも、専用ラウンジの利用や、キャンペーン期間中の還元率UPなど、各社特典を設けている場合がございます。

ちなみに、マイルってどう計算されているんですか?

「区間基本マイレージ」×「クラス・運賃倍率」+「ボーナスマイル」が基本算定式です。

このボーナスマイルの部分が、無料カードだとなくなるということですね?

はい、おっしゃる通りです。

ふむふむ。つまり「区間基本マイレージ」×「クラス・運賃倍率」の分は無料のカードでもしっかり貰えるらしい。

「クラス」はエコノミー・ビジネス・ファーストクラスの違い。

「運賃倍率」は、「マイルの積算条件」として各社が出している数字だ。

例えば航空会社によって50%になったり、70%になったりする。

この”クラス・運賃倍率”はチケットを見れば書かれている。

僕のこれまでの体感では、格安で買ったチケットは50%クラスになることが多い

参考1:マイルの積算条件 | ANA国際線 | マイルを貯める | ANAマイレージクラブ

参考2:JALマイレージバンクフライトマイル積算率 – JALグループ航空会社

このルールは、提携する他社の航空会社を利用した時も変わらないのでしょうか。

区間基本マイレージや運賃倍率は、それぞれの航空会社で規定されております。各社公式HPにてご確認いただけます。

すでに取ったチケット(他社便を含む)でも、後からマイル加算することは可能でしょうか?

はい、ご搭乗後6か月以内で事後登録が可能です(ANA・JAL系)

マイルの後日加算は基本的にどの航空会社も対応している

搭乗時にカードを持っておらず、帰国後に作成した場合でも、期間内であればマイル加算が可能だ。

期間はだいたい6ヶ月。航空会社によっては、最短3ヶ月以内のところから最長1年以内というところもある。

マイルの期限は、搭乗した飛行機の日にちから数えて、3年間と考えてよかったでしょうか。

はい、その通りでございます。

スカイスキャナーやトラベルコといった比較サイトで航空券を予約した場合、どこでマイル加算の手続きをすればいいのでしょうか?

各航空会社のチェックインカウンター、もしくはマイレージクラブサイトからお申込みいただけます。

提携航空会社の場合は、各社の案内に沿って登録をお願いいたします。

特典航空券に交換したくてもマイルが足りないとき、現金で補うことはできますか。

ほとんどの航空会社で現金による補填は対応してございません。

少額のマイルを期限が切れる前に使うには、どのような方法がありますか?

航空券ではなく、座席のランクアップ・ショップクーポンへの交換などにご利用いただけます。
中には、1マイルからお申し込みになれる特典もございます(ANA系)

なるほど!マイルについてよくわかりました。ありがとうございました。

国内線でも数百〜、国際線になれば一度に数千単位のマイルを、無料でももらうことができる。

無料カードでも十分恩恵は受けられそうだ。

どの会社もマイル付きのクレジットカードを推奨しているのは確かだが、年会費がかかる。

買い物するネットショップが決まっている人や、地下鉄をよく利用する人など。

生活スタイルによってお得になるカードは違ってくるし、その種類は調べれば調べるほど膨大だ。

f:id:mimi_shiro:20190323141828j:plain

余計な『定額出費(毎月でていくお金)』を抑えたいミニマリストとしては、カードの年会費もなるべくならかけたくない。

年会費を払ってもお得だと思えるカードが見つかれば利用すればいいが、そうでない場合、早急にクレジットカードを契約する必要はないと考える。

クレジット付きと、無料マイルカードの違いは、大きく考えればボーナスマイル10%が付くかどうかといったところ。

この10%にどのくらいの価値があるかは、飛行機に乗る頻度によって変わってくる。

『年に数回、JALを利用して、ヨーロッパに出張にいく』

こんな風に決まった乗り方をしている人であれば、その恩恵は大きく受けられるだろう。

f:id:mimi_shiro:20190323150440j:plain

ぼくの場合、年に3〜4回は長距離飛行をするが、航空会社は決めていない。

どの飛行機使うかなんて直前にならないとわからないので、とりあえずスターアライアンス(ANA系)、ワンワールド(JAL系)、スカイチームの3社分の無料マイレージカードを作ってある。

世の中には、「どれだけお得にマイルを貯めるか・使うか」に、字の如く、目を血走らせて躍起になっている方々もいるが、マイルを貯めるために、航空会社を選んで旅行するなんて本末転倒だ。

日程も価格も制限されるし、何より探すのが面倒くさい。

マイルは、『おまけで貰えるプレゼント』『お得に使えたらラッキー』くらいに思っていた方が、おトク感が得られるのではないだろうか。

f:id:mimi_shiro:20190323150417j:plain

初心者はまずは3社とも、無料マイレージカードを作っておくことをおすすめする。

どのアライアンスのクレジットカードを作るかは、まず無料カードを経験してから考えても遅くはない。

ではでは。

A

タグ:

スポンサーリンク