0

はじめての確定申告で税務署に行ってみた【持ち物・体験談】

はじめての確定申告で税務署に行ってきました。

年度途中でフリーランスになったので、今回は白色申告です。

事前に無料作成ツール( やよいの白色申告 オンライン)で書類をサクッと作成し、

税理士が実施している無料相談会で確認してもらいました。

前回の記事はこちら

今回は税務署に行く際に持っていったもの&提出までの流れをご紹介します。

白色申告で税務署に持っていくものリスト

①収支内訳書-一般用

②申告書B

③給与所得の源泉徴収票 (→年度途中でフリーランスになった人のみ)

④控除証明書

 ・国民年金控除証明書(年金事務所から送られてくる)

 ・国民健康保険(役所から送られてくる)

 ・終身保険・医療保険・国民年金など、個別に入っている保険の証明書(各保険会社から送られてくる)

⑤印鑑

⑥通帳

⑦マイナンバーカード /通知カード

実際に使ったのはマイナンバーカードと印鑑のみで、今回通帳は使いませんでした。

通帳と本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)は、念のため持っていくという感じです。

確定申告をしに、税務署に行ってみた

f:id:mimi_shiro:20190222200735j:plain

はじめての確定申告に無駄にドキドキしながら、税務署を訪問します。

人が少なそうな曜日・時間を狙って、水曜日のお昼過ぎに行きましたが、入口の外まで長蛇の列できていました。

税務署内には、去年の様子から混雑状況予測のポスターが貼られています↓

 

f:id:mimi_shiro:20190222200814j:plain

 

3月15日に近づくほど混雑して、職員の人も忙しくなるそうなので、

はじめて確定申告する人は2月中に済ますのがおすすめのようですね。

さてさて、いよいよ中に入ります。

確定申告の時期は、「職員に教えられながら作成する列」と、「提出のみ」に分かれています。

f:id:mimi_shiro:20190222200835j:plain

ぼくは やよいオンラインで書類をすでに作っていたため、「提出用」の列に並びました。

持っていた書類は以下の3点です。

①収支内訳書-一般用

②申告書B

③控除証明書や源泉徴収票をまとめてクリップ留めしたもの

「提出用」の列は意外とサクサク進みます。15分ほどで順番がきました。

提出書類2枚と控除書類をまとめてだして、マイナンバーを確認して完了です。

提出作業はものの2〜3分でおわります。

提出場所の様子は、職員の人(アルバイト含む)が7〜8人ほどずらりと横並びになっており、基本流れ作業で、書類の重要なところをチェックするだけという感じですね。

緊張していたのがバカバカしくなるほど早かったですw

ちなみに「職員に教えられながら作成する列」は5時間待ちだそうです。

あとで気づいたのですが、実は提出した日付が1日間違っていたことに、控えをみていて気づきました(こそ)

ただ申請した金額等は間違っていなかったので、特に何も言われなかったです。

初心者が疑問に思うQ&A

f:id:mimi_shiro:20190222204016j:plain

Q1.印刷は白黒印刷でいいのか?カラーでなければダメなのか?

A.白黒印刷でOK。

プリンタの種類によってカラーでも色が異なるが、気にする必要はありません。

(出典:国税庁HP)

Q2.書き間違えた!印刷ミスに気づいた!どう修正すればいいのか?

A.書き損じた部分を二重線で消し、余白などを利用して正しい金額などを記載。

契約書なら書き損じた部分を二重線で消したあと訂正印を押して、その上に正しい文字を記載しますよね。

確定申告の場合、訂正印は必要ありません

間違っているところを二重線で消して、空いているところに正しい金額を書けばOK。

(出典:確定申告書を書き間違えた時の修正方法~訂正印はいらない~)

次回から青色申告にするためにやること

ついでに来年度(次の3/15までにやる確定申告)で、青色申告をするための手続きもしてきました。

必要なのは以下の2つ。

  • 開業届をだす
  • 青色申告承認申請書をだす

どちらも税務署で簡単に手に入りますし、印鑑と本人確認書類とマイナンバーカードがあれば、その場で書いてすぐに提出できました。

何度も税務署に行くのは面倒、という人は、確定申告の際に手続きを済ませてしまうことをおすすめします。

次回からe-Taxにするためにやること

今回確定申告をしてみて思ったことは、あの人混みを毎年経験するのはいやだ!ということ。

そのため、来年度からe-Taxにするための手続きもまとめて行ってしまいます。

e-Taxの利用を始める際には、

必要なのは以下。

  • 電子申告等開始届出書をだす

何とこれだけです。

従来は、ICカードリーダーが必要な方式のみでしたが、平成31年1月から「マイナンバーカード方式」と「ID・パスワード方式」が利用できるようになりました。

f:id:mimi_shiro:20190222204042p:plain

(出典:国税庁HP)

ICカードリーダーがなくても、届出を出していればパソコンから簡単に確定申告ができるようになったわけですね(やっほい)

フリーランス(特にノマドで海外にいる人)たちが、e-Taxで苦労している話を聞いていたので、来年度からあっさり利用できるようになったのがラッキーでした。

「ID・パスワード方式」は届出を出して、本人確認をすれば完了です。

おわったぁぁぁぁ!!

f:id:mimi_shiro:20190222203007p:plain

はじめての「確定申告」というと難しそうなイメージでしたが、意外と簡単におわらせることができました。

これで来年度からは青色申告&e-Taxで、ポチッとやるだけで確定申告楽勝です(←)

はじめて確定申告する方の、少しでも参考になれば幸いです。

ではでは。

簡単に書類作成できた記事はこちら

使用した無料サービスはこちら↓

やよいの白色申告 オンライン

参考にした本はこちら↓

スポンサーリンク