0

DIY初心者が、ラブリコで壁一面の本棚を作ってみた

ずっと憧れていた壁一面の本棚…!!

今回はDIY初心者が、できるだけ簡単に壁一面の本棚を作った方法を、かかった費用や手順と一緒にご紹介します。

〜筆者のスペック〜

  • 小学生の夏休みに貯金箱を作った
  • 体力底辺、トンカチとか怖くて使えない
  • 家にノコギリもドライバーもない

完成イメージ図

f:id:mimi_shiro:20190509135452p:plain

準備したもの

  • ラブリコ 6個
  • 2×4角材 6本
  • 黒タッピング(木ねじ)
  • 棚柱,棚受けブラケット  6本分
  • 棚材(幅70、縦30)  7枚
  • 電動ドライバー
  • メジャー

数年前からDIYがブームになっていたおかげで、今は簡単に棚や机が作れるDIYツールが充実しています。

とくに賃貸だと壁に穴を開けたり、直接釘を打ったりできないですよね。

今回は、壁面DIYの人気商品『LABRICO(ラブリコ) 2×4アジャスター』を利用しました。

ラブリコって結局何センチまで大丈夫なの?

f:id:mimi_shiro:20190509153709j:plain

心配だったのが、ラブリコをはめる2×4木材のサイズ。

説明書やいろんな人のブログを見てみると、『天井の高さ−9.5cmの木材を用意します 』と書いてあるんですが、

「ぴったり−9.5cmって難しくない?」

「え、ちょっとズレたらやばいの?」

と心配性&ビビリのため、とりあえず6本中2本を購入して試してみることに。

一番困るのは天井に届かないことだったので、天井の高さ230cmに対して221cm(-9.0cm)にホームセンターでカットしてもらいました。

しかし、いざラブリコを上下にはめて天井にはめようとしたところ…

長すぎてはまらない⁈

ギリギリで押し込むようにして、なんとかはめました;(これはこれでガッチリ固定されたのでよかったかもしれない…)

つまり-9.5cmの意味は、ラブリコをはめるためには最低-9.5cm必要ということ!

説明書には32mmスタートで50mmまで伸びると書いてあるので、-9.5cm〜10.7cmまでは対応できるということですね。

f:id:mimi_shiro:20190509142126j:plain

次の4本は220.5cm(-9.5cm)にカットしてもらい、ピッタリはめることができました。

カットによっては1~2mmの誤差はでてしまいますが、-9.5cmで計算すればゆるくて倒れてくるということはなさそうです。

塗装もカットもしないで、簡単に棚を作ろう!

さて、今回DIY初心者🔰ということで とにかく簡単に作りたい。

家で塗装するとニオイが大変そうですし、カットするのも疲れそうなので(おい)

すでに塗装されている木材を購入して、ホームセンターでカットしてもらいました。

ネットでも買えますが、実はホームセンターにも塗装ずみ2×4材を扱うとこをが増えています。(こんな風においてあります↓)

f:id:mimi_shiro:20190509154022j:plain

さらに大抵のホームセンターならカットも無料、または1カット数十円でやってくれます。

配送も頼めるので、かなり便利ですよね。

↓これを1セットとして、計3セット準備

f:id:mimi_shiro:20190509142219j:plain

流石に木に穴をあけるのは大変だろと、乾電池式の電動ドライバーだけ購入しました。

ちなみに棚柱と棚受けは、お店をやっていた友人が模様替えでいらないからと無料で頂きました。

塗装された2×4木材↓

棚柱・棚受け、白・黒(アイアン)↓

準備万端、いよいよ作っていきます。

簡単3ステップ!実際に作った手順とポイント

①まずは、天井(-9.5cm)にカット&塗装された2×4材に電動ドライバーで棚中を取り付けます

f:id:mimi_shiro:20190509145422j:plain

こんな感じ↓

f:id:mimi_shiro:20190509154742j:plain

②2×4材を壁にたて、垂直を確認しながらラブリコのねじを締めます

f:id:mimi_shiro:20190509145443j:plain

③棚受けを好きな場所におき、棚板をのせて完成です

以上!笑

できあがりはこんな感じ↓↓

f:id:mimi_shiro:20190509150236j:plain

壁面本棚って難しいイメージがありますが、心配してた以上に簡単にできました。

ポイントは、①の棚柱を2×4材に取り付ける際に“しっかり測ること”。

f:id:mimi_shiro:20190509154806j:plain

ここで曲がってしまうと、棚材を置いた時に傾いてしまうので、メジャーを使って神経質なくらいなんども水平・垂直を確かめました。

かかった費用

  • 2×4角材(色付き・カット済み) 1640円/本 ×6 =9,840円
  • ラブリコ 880円/個 ×6 =5,280円
  • タッピングネジ黒 130円/6本 ×6 =780円
  • 電動ドライバー 1個 1,000円
  • 棚柱・棚受け 無料
  • ホームセンターからの配送料諸々 計1,800円

合計18,700円

木材カットや塗装などの作業がすべてなしということで少し割高になりました。

2×4材は本来なら一本6〜900円くらいで買えるので、塗装を自分でやれる人は3〜5,000円くらい安くなると思います。

作業時間

最初の2本(真ん中の)を作ったときはかなり慎重に、支柱が曲がらないように正確に測りながらやったので3時間かかりましたが、次の4本立てるときはなんと1時間でおわってしまいましたΣ(。・д・ノ)ノ

という訳で、作業時間はおよそ4時間。

実質、ネジをしめていた作業だけです(笑)

前日に買い物にいった時間を含めても、丸一日あれば完成できますね。

壁一面の本棚を作ってよかったこと

  • 見た目でテンションが上がる
  • 床の掃除が楽なので、ホコリが溜まらない
  • 部屋の中にディスプレイできる場所が増えた

やっぱり床に物を置かない生活ができると、部屋がスッキリまとまります。

今部屋にはこの本棚とベッドしかないので、モデルルームのようになりました(自画自賛)

賃貸で作業場所が取れない人は、塗装済み木材や棚柱をぜひ活用してみてください。

ではでは。

タグ:

スポンサーリンク