0

After Effects・3DCG使うためにMacからWindowsに買い替えた話【スペック比較・クリエイター向けPC】

これからもずっとMacを使っていくと思っていました。

けれどMacでAfter Effectsや3DCGを動かすのは圧倒的にコスパがわるいことに気づいてしまった!

ついにWindowsへと買い替えることを決意。

今回はAEや3DCGを快適に動かすために必要なスペック、

そしてクリエイター向けにおすすめされているPCのスペックを比較してみました。

Aeや3DCGを快適に動かすために必要なスペックは?

現在のスペック

  • 型番 Mac pro 2016
  • 液晶 13-inch
  • CPU Core i5
  • ストレージ 256GB
  • メモリ 8GB
  • グラフィックボード(GPU) Intel Iris Graphics 550 1536 MB
  • 重さ 1.37 kg

映像編集で重要な3つの指標

  1. CPU = 基本性能
  2. メモリ = 大きいと複数の作業を同時にできる、重くなりにくくなる
  3. グラフィックボード(GPU)= 映像をきれいに処理する、ノイズが入りにくくなる

Ae・3DCGに必要なPCのスペック

  • CPU Core i7以上
  • メモリ 16GB以上(最低8GB〜)
  • ストレージ 500GB以上、1TBあれば最高
  • グラフィックボード(GPU)  GTX1650以上 or Quadro2000以上 or GeForce1070以上 (種類によるがとにかく1000以上と覚えておく)

購入予算は17〜18万(MAX20万)
ちなみに税金の減価償却なしは9.9万円以内。
持ち運びできるよう、軽ければ軽いほどよい。

クリエイター向けPC比較

1.VGTで紹介されたDAIV 5N

映像制作者のイベント「VIDEO GRAPHERS TOKYO(通称VGT)」で紹介されたマシン。

スペックは、

  • CPU Core i7
  • メモリ 16GB
  • ストレージ 512GB
  • グラフィックボード(GPU)  GeForce RTX™ 2060

価格は179,800円で、液晶サイズは15.6型。

周りのクリエイターでも使っている人が多く、いちばんレビュー的に安心なブランドです。

VGTの発表では書き出し時間が50〜60%近く短縮され、8Kにも対応できたそう。

2.TRAERAで紹介されたLEGION Y540

TRAERAはアフターエフェクト系のチュートリアルを発信しているユーチューブチャンネル。

良いところも気になるところも率直に紹介していて、それでもかなり高評価を受けたマシンです。

スペックは、

  • CPU Core i7
  • メモリ 16GB
  • ストレージ 1TB
  • グラフィックボード(GPU) GeForce GTX 1650

LEGIONは低価格・高機能で定評のあるゲーミングPC。
DAIV 5Nと違ってスペックを幅広く選べるので、値段にあわせて購入できる。

上記のDAIV 5Nと同程度のスペックを選ぶと、1TBのストレージがついて価格は148,612円。

スペックをワンランク下げてもMac Book Pro以上のGPU性能で、価格は126,896円。

GPUの性能をあげて、DAIV 5Nと同等にすることも可能。

その場合1TBのストレージがついて17.9万円なので、やはりコスパ的には一番いい。

デザインもかっこいいけれど、テンキーの位置が特徴的で慣れるまでに戸惑いそうではある。

3.クリエイター向けブログで紹介されたiiyama SENSE

クリエイター向けに開発されたシリーズ。

スペックは、

  • CPU Core i7
  • メモリ 16GB
  • ストレージ 500GB
  • グラフィックボード(GPU) GeForce RTX 2060

価格は、DAIV 5Nと同等のスペックで4万円ほど安い143,980円。

RTX 2060のGPUを求めて比較するなら、もっとも安く高機能なGPUが使えるPCといえる。

まとめ

上記はすべて動画編集や映像に適したスペックのPCなので、あとは価格と見た目の好み次第です。

  • 安さで選ぶならLEGION Y540 →たくさんの中からスペックを選べる
  • バランスで選ぶならiiyama SENSE →GPU性能が高いかつ安い
  • ブランドで選ぶならDAIV 5N →高スペックだけど値段も高い

という感じ。
テンキー付きのキーボードなのでMacの人は要確認です。

ではでは。

タグ:

スポンサーリンク